HOME > よくあるご質問 > 会社設立後の運営 > 役員報酬はいくらにすれば良いでしょうか?

Q: 役員報酬はいくらにすれば良いでしょうか?

設立時に悩みとなる問題の一つに「役員報酬の適正額」があります。
個人事業を行っていて法人成した方であれば、月々の売上や経費が大枠で分かるのでまだ決めやすいのですが、独立して新たに会社を興された方はきっと全くと言っていいほど見当がつかないものです。

役員報酬は定期同額で!

Q3-003で説明しましたが、役員報酬は本来、損金(税務上の経費)にはなりません。
役員報酬を損金にするためには、定期同額給与が原則となります。
したがって、都度都度、手元にあるお金を給与のように支給すると後々大変なことになってしまいます。
つまり、今月も来月も再来月も定期株主総会(役員会)で変更するまで毎月同じ額の報酬にしないといけません。

では、いくらが良いのか?

役員報酬の適正額

30万円でしょうか?
50万円でしょうか?
100万円でしょうか?
人によってはゼロというケースもあるでしょう。

適正額は千差万別。人によって、会社によって、利益によって当然変わってきます。

経営計画で試算をすることが適正額決定の近道

会社の売上や経費のバランスにもよって変わるでしょうが、
「売上-経費(役員報酬除く)>役員報酬」ならば会社としての利益が出て、法人税の納税となります。
逆に「売上-経費(役員報酬除く)<役員報酬」ならば会社は赤字となります。

赤字にはしたくないし、かといって余り税金も納めたくない・・・
というのは、虫のよい話ですが、誰もが思うことですね。
バランスが悪ければ、大赤字になったり、思いもかけない利益が出て、多額の納税を強いられることにも・・・
ある程度の額までは「法人所得税率>個人所得税率」なので個人で多めに取りたいものです。

そんな時こそ、しっかりとした経営計画を立ててみましょう。
経営計画を立てたところで、あくまで予測の数値なのですが、計画作成の過程で随分と状況が見えてきて収まるところに収まるケースが多いのです。
最低でも、生活できるだけの報酬は取りたいものですね!

 

会社設立サポートデスクでは経営計画の策定も行っております。ぜひ一度ご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務のご紹介 | 経営計画策定

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです