HOME > よくあるご質問 > 会社設立後の運営 > 発起人と株主はどう違うのですか?

Q: 発起人と株主はどう違うのですか?

株式会社の設立を企画して、定款に署名をする人を発起人といいます。

一方、株式会社が発行する株式(※1)の名義人になっている人を株主と言います。

株式を取得する方法は、一般的にはその株式会社に出資をして取得します。(株式の購入)
また、関係者から間接的に譲り受ける(有償・無償)方法もあります。
特殊なケースとしては、既に株式を取得している方(株主)に対して会社が無償で提供することもあります。

話がそれてしまいましたが、発起人は株式会社を設立する際に、定款に署名する者に限定されますが、新会社法では「発起人は1株以上引き受ける義務」があるので同時に株主となります。
※1 株式とはその発行した株式会社に対する、地位・権利のこと。株券とは異なります。

 

関連サービス:会社設立代行業務のご紹介

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです