HOME > よくあるご質問 > 会社設立後の運営 > 会社設立後に創業融資を受ける場合の注意点は?

Q: 創業融資を受ける場合の注意点は?

会社設立後に融資を受けたいのですが可能でしょうか?』で説明しましたが、実績のない設立したばかりの会社でも幾つかの制度を利用して融資が受けられます。

但し、審査があります。
特に無担保・無保証人で融資を受ける場合には、一定の条件があり、上限額も決まっています。

担保不要・保証人不要の創業融資を受ける際のポイントを幾つかあげてみましょう!
実績がない分、重視されるのは計画・資本金・熱意です。

 

①創業であること。

会社を新しく作ることと、創業とは別物です。
すでに会社を経営している方が別会社を設立した場合や、個人事業主が法人成した場合は「創業」とはならず、創業の制度融資は受けられません。
その場合は、他の制度融資をご利用いただきます。

 

②根拠に基づいて融資必要額を算定できること。

今までにも沢山の相談を受けてきましたが、「幾らまで借りられる?」とか「借りられるだけ借りたい」という御相談が稀に見受けられます
このような内容で金融機関に相談に行ったとしたならば、融資は受けられないと考えてください
借入をする場合には、理由と金額が明確になっていなければなりません。
そのためにはしっかりとした経営計画(事業計画)が必要です。

 

③資本金は十分か?

日本政策金融公庫の新規創業融資を受ける場合は、事業資金の1/3は自己資金であることとあります。
つまり、自己資本(資本金)の倍額(上限1000万円)までしか借入が出来ません。
例えば資本金が200万円の場合、400万円が限度額となります。
また、保証協会の制度融資を利用する場合でも、資本金の額は非常に重要になります。
くれぐれも資本金1円はやめましょう!

 

④事業にかける思いを訴える

融資を申し込むと必ず「面談」という名の取材が行われます。
事業展開やビジョンを自分の言葉で堂々と熱意をもって訴えることが重要です。

 

経営計画の策定も会社設立サポートデスクにお任せください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:創業融資支援 | 経営計画策定

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです