HOME > よくあるご質問 > 会社設立後の手続き > 会社設立後の健康保険はどうすればよいですか?

Q: 会社設立後の健康保険はどうすればよいですか?

株式会社も合同会社も社会保険(健康保険・厚生年金)の強制加入が適用されます。
つまり一人でも給与の支払い(短時間労働者を除く)をするならば、社会保険に加入しなればなりません。
現実は、国民健康保険や前職の任意継続で加入している方も多いのですが、原則は強制加入ですので社会保険の健康保険に加入しなければなりません。

従業員なしの役員(代表取締役)1名の会社であっても社会保険の加入が必要ですので注意して下さい。

 

ご不明な点はお気軽にご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:税務会計顧問

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです