HOME > よくあるご質問 > 会社設立後の手続き > 日本政策金融公庫の審査・資本金の出所

Q: 日本政策金融公庫の審査・資本金の出所

日本政策金融公庫で新規創業融資(無担保・無保証人)を受ける場合は資本金が自己資本であるかどうかの審査が行われます。
新規創業融資の条件に創業に関わる費用の2/3(上限1000万円)という要件があるからです。(つまり資本金の2倍が融資上限)

例えば、よくあるケースが、資本金500万円の内400万円を両親から借りた。というようなケースです。
この場合、自己資金が100万円しかなく、しかも、すでに4倍の資金を両親から借りていると判断されます。
設立時点で借入することが分かっているのであれば、最初から借入を想定したアドバイスが出来るのですが登記が済んでしまっては正直困難です。

つまり、資本金が自己資金なのか、他人資金なのかは大きな要件となるのです。

設立前からご相談いただければ色々方法がありますので、先ずはご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:創業融資支援

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです