HOME > よくあるご質問 > 会社設立手続き > 資本金が1000万円未満だと消費税が免税になるのですか?

Q: 資本金が1000万円未満だと消費税が免税になるのですか?

A:資本金1000万円未満の法人が無条件で消費税の免税事業者になるのは設立
第1期だけです。

消費税は、資本金の額に関係なく2期前の課税売上髙が1000万円以上の事業者に課せられます。
2期前の課税売上が1000万円未満の事業者は、原則、1期前の前半期(特定期間)の課税売上高が1000万以上かつ給与支払額の総額か1000万円以上の場合課税業者となります。
つまり、資本金1000万円未満ならば永遠に消費税が免税になるわけではありません。

そこで問題になるのが設立したての会社です。
設立したての会社は、2期前が存在しませんので、資本金で判定することになっており、資本金1000万円以上の場合、設立第1期より消費税課税業者となります。

資本金1000万円未満の場合は第1期は免税、第二期は特定期間(第1期の前半期)の売上及び給与支給額で判断します。

したがって、資本金1000万円未満の新設法人が無条件で消費税免税業者となるのは設立第1期のみです

但し、売上はともかく、特定期間内で給与支給総額が1000万円を越える小規模事業者はあまりないと思いますので、自動的に2期目が消費税の課税業者になる会社は少ないと考えています。

 

ご不明な点はお気軽にご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです