HOME > よくあるご質問 > 会社設立手続き > 代表取締役印はいつまでに用意すれば良いですか?

Q: 代表取締役印はいつまでに用意すれば良いですか?

会社を設立するに当たり、必ず「代表者の印鑑」を登録しなければなりません。
印影には規制はなく、個人の印鑑でも代用することが可能ですが、「代表者の印鑑」は契約書などの大切な書類に押印する場合に必ず必要になるため、ある程度の体裁は整えておきたいものです。
必要になるのは、法務局へ設立登記書類を申請する時までですので、社名が決定したらすぐにでも発注するのが良いでしょう。

一般的な代表者印は、株式会社の場合は「代表取締役印」、合同会社の場合は「代表者印」といいます。
今では、インターネット通信販売で安く簡単に購入できますので、「代表者印」「銀行印」「角印(認印)」の3本セットを揃えてしまうのが良いでしょう。
東洋堂は安くて、出来上がりも早いのでとてもお薦めです。
14:00までの注文で翌日着。安いものだと「代表印」1本1,180円?、3本セットでも6,300円?
印鑑セットのページ

最低でも一般的な形式の「代表者印」だけでも揃えたいものです。
印影は、印鑑の周囲に「株式会社○○○○」や「△△△△合同会社」と社名が入り、中心部に、株式会社なら「代表取締役」、合同会社なら「代表者印」と刻印するのが一般的です。
サイズは、直径が10mm~30mmの正方形に収まる大きさ。
あまり大きなものは使いずらいので18mm~21mm程度が良いかと思います。

 

ご不明な点はお気軽にご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです