HOME > よくあるご質問 > 会社設立手続き > 本店所在地はどこまで記載する必要がありますか?

Q: 本店所在地はどこまで記載する必要がありますか?

本店所在地の記載に関しては、
①定款は最小行政単位
②登記上は番地まで
で、OKです。

例をあげてみると
神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目6番地13 新横浜ステーションビル1F
に本店を置く場合、
横浜市は政令指定都市なので
①定款は「横浜市」でOK
②登記上は横浜市港北区新横浜二丁目6番地13でOKです。
藤沢市等は
①定款は「神奈川県藤沢市」
②登記上は神奈川県藤沢市○○二丁目6番13号などとなります。

もちろん、マンション名及び号室まで記載しても全く問題ありませんし、許認可の申請には号室まで記載していなければいけないケースもあります。

マンションやアパートの場合、将来的に建物の名称が変更になるケースがあれば登記の変更が必要になり(登録免許税3万円)ます。
また、自宅マンションを本店にする場合、必要としない郵便物を受け取らないようにするのであれば番地までの記載にした方が良いでしょう。

 

ご不明な点はお気軽にご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです