HOME > よくあるご質問 > 会社設立手続き > 出資金の払込方法は?

Q: 出資金の払込での注意点を教えてください。

会社を設立する手順の中に出資金(資本金)の払い込みがあります。
タイミングとしては定款の認証(作成日)以後に行うのですが、幾つか注意点があります。
仮に資本金を300万円とするならば・・・

1.発起人が1名の場合

定款の認証日(作成日)以後に全額を払い込みます。
方法は、

①出資金の払い込みを行う発起人名義の口座にすでに残高がある場合は、一度引き出して300万円を預け入れる。

②他の口座や現金で分散している場合は、出資金の払い込みを行う発起人名義の口座に振込&預け入れを行う。
※1.入金が300万円丁度になるようにしてください。多くても少なくてもいけません。
※2.定款の認証(作成日)以後であれば、同一の日付でなくても構いません。

2.発起人が複数名の場合

定款の認証日(作成日)以後に全額を払い込みます。
方法は、

①発起人代表者は前記①もしくは②の方法で出資金の払い込みを行う発起人名義の口座に持ち分を払い込みます。

②他の発起人は自身の口座から出資金の払い込みを行う発起人名義の口座に振込みます。
※1.各自の持ち分ちょうど金額を払い込む。 ※2.入金が300万円丁度になるようにしてください。多くても少なくてもいけません。
※3.定款の認証(作成日)以後であれば、同一の日付でなくても構いません。

ご不明な点はお気軽にご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務のご紹介

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです