HOME > よくあるご質問 > 会社設立手続き > 気にいった会社名がすでに使われいるのですが、その社名で設立することはできますか?

Q: 気にいった会社名がすでに使われいるのですが、その社名で設立することはできますか?

会社名(商号)に関しては同一所在地に同名の会社がなければ問題ないとされています。
が、規制があります。

①法人形態(株式会社、合同会社等)は商号の前若しくは後ろにつけなければなりません。

株式会社○○とか○○株式会社いうようにです。
また、合同会社においても同様です。 ちなみに、合同会社は一般にLLCとも呼ばれていますが、LLC○○とはできません。

②使用できる文字に決まりがあります。

・漢字
・ひらがな
・カタカナ
・ローマ字(大文字、小文字)
・アラビア数字
・記号は「&」(アンド)、「’」(アポストロフィー)、「,」(カンマ)、「‐」(ハイフン)、「・」(中点)、
但し、記号に関しては商号の前後に使用することはできません。(「.」(ピリオド)のみ末尾に使用可)
「空欄」(スペース)は,ローマ字を使用して複数の単語を表記する場合に限り当該単語の間を区切るために使用できます。

③商標登録されている商号等は使用できない。

有名企業や大企業と同じ商号や類似した商号、また社会的に認知されているブランド名は、不正競争防止法や商標登録などを根拠に損害賠償や商号の使用禁止を請求されるといったことも考えられますのでご注意が必要

④法令で制限された文字は使用できない

銀行、証券、信託、保険等はその許認可を受けてなければ使用できません。
また、区役所や労働基準局なども商号には使用できません。

 

ご不明な点はお気軽にご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務のご紹介

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです