HOME > よくあるご質問 > 会社設立手続き > 会社印とはどのようなものですか?

Q: 印鑑はどのような印鑑が必要ですか?

会社の印鑑は、「会社印(代表取締役印)」、「銀行印」、「角印」の3種類が一般的です。

会社を設立する為には会社印の登録が必要ですので、最低でも登録するための印鑑が必要です。
「銀行印」、「角印」は無くても会社の設立は出来ますし、実務でも問題ありませんので、会社印で全てをまかなう会社も少なくありません。
但し、「会社印」=「実印」ですので、私生活同様に必要な時のみの使用に限定した方が良いかと思います。

「会社印」=「実印」

一般的には「代表取締役印」とか「代表者印」と呼ばれます。
サイズは直径1cm以上3cm以内と決まっていますが、デザインには規制はありません。
よく使われているのは、巻き印(2重丸印)と呼ばれるもので、外側の円周に会社名、内側に代表取締役之印とか書いてあるものです。
印鑑作成を依頼する際に株式会社の場合は「代表取締役印」、合同会社の場合は「代表者印」と伝えれば規程の印鑑を作成してもらえます。 この会社印は正式に届け出る「会社の実印」となり、個人の実印と同様に「印鑑証明書」が取得できるようになり、「印鑑カード」が発行されます。
契約書等の法的文書にはこの「会社印」を使用します。

「銀行印」

銀行の口座を開設する際に必要となり、以後、預金の入出金等に使用する印鑑です。
会社印を併用しても構いませんが、「銀行印」=「実印」は万が一のリスクを避けるためにも別々に用意することをお薦めします。
会社印と違いサイズに規制はありません。 会社印と同様に巻き印(2重丸印)が一般的に使用され、外側の円周に会社名、内側に銀行之印とか書いてあるものが一般的に使用されます。

「角印」=「社印」

会社実印よりやや大きめの会社名だけを彫った四角い印鑑です。
主に、請求書や領収証等の社外文書や、稟議書などの社内文書に使用する認印です。

「横版」

会社名・代表者名・住所・電話番号などが入ったスタンプ。
ゴム印とかゴム版等とも呼ばれ印鑑とは全く別物です。

 

関連サービス:会社設立代行業務のご紹介

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです