HOME > よくあるご質問 > 会社設立前 > 取締役 > 取締役に就任していますが在任のまま別会社を設立できますか?

Q: 取締役に就任していますが在任のまま別会社を設立できますか?

他社で取締役に就任してる方が、別会社を起こして代表取締役になることに法的な規制はありませんので問題ありませんが、新会社の事業が現在、在籍している会社と競合するような場合は、『不正競争防止条例』と『競業避止義務違反』に抵触する可能性がありますので十分に注意する必要があります。

これらの問題点を回避するには、
①競業を避け、全く別の事業を行う。
②同業種の事業を行うならば、現在在籍している会社、及び新会社において議事(取締役会若しくは株主総会)にはかり事業が競合することに関しての承認を得る。
の方法が考えられます。

 

いずれにしても、専門家の意見を聞いて進めた方が安全です。
判断がつかない場合などはご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務のご紹介

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです