HOME > よくあるご質問 > 会社設立前 > 取締役 > 発起人と取締役を兼ねることは可能ですか?

Q: 発起人と取締役を兼ねることは出来ますか?

発起人になることには特に制限はなく、法人や未成年者(法定代理人の同意は必要)でも発起人となれます。
一方、取締役には、法人や成年被後見人、被保佐人は就任出来ませんので、通常考えられる成人であれば問題なく、発起人と取締役を兼ねることに問題はありません。

 

関連サービス:会社設立代行業務のご紹介

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです