HOME > よくあるご質問 > 会社設立前 > 商号 > 商号を決める際の注意点は?

Q: 法人の商号は自由に決められると聞きましたが本当ですか?

おおむね事実です。
但し、注意すべき点はあります。
同一所在地の同一商号は(事業目的が異なっていても)登記出来ませんので、特に雑居ビルのテナントを賃借する人は注意が必要です。
同時に、会社名をブランド要素の強い企業に類似した社名は「不当競争防止法等に基づく商号使用差し止め」や「商標権侵害」に該当する可能性があるので注意が必要です。
後々のトラブルを避けるため、地域の電話帳やインターネットで確認しておいた方が良いですね。
会社のロゴを作成する場合も十分注意が必要です。

 

・商号の中で使用可能な文字は以下のとおりです。
(1)漢字
(2)ひらかな
(3)カタカナ
(4)ローマ字
(5)アラビア数字

 

・使用可能な符号は以下のとおりです。
(1)アンバサンド(&)
(2)アポストロフィー(‘)
(3)コンマ(,)
(4)ハイフン(?)
(5)中点(・)
(6)ピリオド(.) 文末のみで使用できます。
符号は「&me」や「me&」のように文頭や文末(ピリオドを除く)では使用出ません。

 

ご不明な点はお気軽にご相談ください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです