HOME > よくあるご質問 > 会社設立前 > 基本 > 会社を設立するにはどこに気をつけなければいけませんか?

Q: 会社を設立するにはどこに気をつけなければいけませんか?

会社を設立する際の注意点はあげれば切りが有りません。
会社名の決定、資本金の額、本店所在地・・・etc
しかし、一番大切なことは、事業として成り立つのかどうかを見極めることです。
最近の傾向としては法人設立後3年で4割が廃業し、5年ではなんと8割もの会社が廃業に追い込まれています。
事業が成功するかどうかはやってみなければわかりませんが、最低でも自分一人が食べていくだけの報酬が見込めなければ法人設立の意味がなくなってしまいます。
会社を設立する前に、しっかりとマーケティングを行い、自分自身ではなく専門家にしっかりとした経営計画を作成してもらい、事業として成り立つかどうかを判断するべきです。
経営計画を立てることにより、売上見込みと経費のバランス、資本金の額、キャッシュフロー(資金繰り)、融資の有無等が明確になりあなたの事業の道標となります。

 

経営計画策定は、税務顧問サービスの契約がないお客様でもご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。→無料相談フォームへ

 

関連サービス:会社設立代行業務 | 経営計画策定

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです