HOME > よくあるご質問 > 会社設立前 > 基本 > 「法人」になったほうがいいの?

Q: 「法人」になったほうがいいの?

個人事業から法人に変更することを「法人成り」といいます。
多くの項目で個人事業との違いが出てきます。

 

個人事業と大きく変わるのは以下の2点です。

「役員報酬」「給与所得」になる
「給与所得控除」を受けることができる

例)給与所得控除の節税の例

hikaku_01

 

※各種控除なし。
※基礎控除38万円・住民税33万円のみ最も高い金額で税金計算をしています。
※法人住民税の均等割は74千円で計算しています。
※個人事業主の場合は一定業種で一定の所得を超える場合は「個人事業税」が別途課税されるため、これを加味して計算しています。

 

上記はあくまで一例となります。
個人事業がいいか法人がいいかは様々な条件により異なります。お客様の状況に応じてどちらがいいかシミュレーション致しますので、どうぞお気軽にご相談ください。→無料相談フォームへ

 

※その他詳しくは「会社設立のメリット・デメリットを教えてください。」をご参照ください。

 

関連サービス:会社設立代行業務のご紹介

 

ページトップへ

次の質問

前の質問

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

こちらもあわせてご確認ください。

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市

freee認定アドバイザー

税理士法人 小林会計事務所はfreee認定アドバイザーです