HOME > 補助金・助成金

補助金・助成金

意外と使える「補助金・助成金」

中小企業の皆様向けに様々な「補助金(経済産業省)」「助成金(厚生労働省)」があり、助成金も補助金も返済が不要です。つまり貰えるわけです。厚生労働省・経済産業省で実施しているものがほとんどですが、中には都道府県や市区町村・民間で行っているケースもありますので、国や地方自治体の中小企業向けの支援情報を入手し、上手に活用していきましょう。

「補助金・助成金」とは返済が不要な、国・地方自治体・民間の支援制度です。
ところがこの「補助金・助成金」は一般に宣伝しているわけではないので殆どの経営者が知りません。
あるいは「助成金・補助金」というキーワードは耳にしているかもしれませんが内容が分からないゆえに貰い損ねているケースもあります。

現実には受給要件が厳しいものがほとんどですが、比較的受給要件ハードルが低い助成金もありますので、新規創業や新しい事業を始める場合にはそちらの助成金をお勧めしています。

国の予算で計上されるため、対象事業者や職種、募集のタイミングは年度ごとに異なります。また、さまざまな事業を対象としているので、数も数千種類にのぼります。中小企業向けの募集要項の詳細は当WEBサイトの新着情報で、適宜更新していきますのでぜひこまめにチェックしてください。

補助金・助成金の豆知識

補助金とは?

補助金とは、国や地方公共団体、または民間団体から支出される支援金で、原則返済不要です。

補助金は経済産業省(中小企業向けの補助金は中小企業庁)で予算を確保し、募集を募る関係上、採択数(申請して申請が通る数)があらかじめ決まっています。申請しても必ず受給できるわけではないです。
補助金の募集は、都度中小企業庁から発表され、その多くの申請期間(公募期間)が一ヶ月程度です。

【補助金のポイント】

  • 経済産業省の管轄
  • 件数や金額が予め決まっているものが多く、2か月程度の公募期間を設けるのが一般的
  • 提出書類でその妥当性や必要性をアピールすることが必要
  • プレゼンや面接があり「十分な事前準備による具体性の確保」「質問されたことのみに的確に答えること」が必要
  • 助成金に比べ、支給金額が高い
  • 最初のハードルが高いが、2回目以降は比較的通りやすい

助成金とは?

助成金とは、国や地方公共団体、または民間団体から支出される支援金で、原則返済不要です。

助成金は、国や地方公共団体、または民間団体から支出され、原則返済不要ということです。助成金は厚生労働省が予算を確保しており、要件(雇用の安定を目指す)等が合えば受給できる可能性が高いです。また、助成金は長期に渡りその申請期間が設けられています。

【助成金のポイント】

  • 厚生労働省の管轄で雇用の安定に寄与するもの等が多い
  • 要件を満たせば受給できる可能性が高い
  • 労働保険料の滞納企業に対しては支給されない
  • ハローワーク等経由の採用者が対象で、採用後雇用保険被保険者となる者
  • 採用関連の助成金には特定受給資格者となる離職者数要件が有る場合が多い

助成金に関するお役立ちサイトのご紹介

さまざまな機関から補助金・助成金の情報が出されていますが、ここでは主要なサイトをご紹介します。県や市も出している場合があるので、該当の県や市のWEBサイトをご確認されることをお勧めします。

公募の発表がされるのが一般的に2カ月前ほどで、書類の準備等が大変になる場合があります。年度予算を元に大まかな公募の時期はつかめるので、狙っている制度については前回の公募書類で準備を進めていきましょう。ご不明な点等はお気軽に会社設立サポートデスクにお問い合わせください。

横浜の会社設立サポートデスクへのお問合わせはこちら0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

なんでもお気軽にご相談下さい。0120-458-025

会社設立支援プランの詳細へ

税理士法人小林会計事務所オフィシャルサイト

会社設立

お問合わせ 0120-458-025 0120-458-025 アクセスマップはこちら

横浜の会社設立サポートデスク 対応エリア

  • 横浜市全域
    (青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、緑区、南区)
  • 川崎市全域
    (川崎区 、幸区 、中原区、高津区、多摩区 、宮前区 、麻生区)
  • 町田市
  • 藤沢市
  • 横須賀市